日精樹脂工業について

3分間でわかる日精樹脂工業

  • 専業メーカーとして 狭く、深く そして広く
  • 仕向け先 80ヶ国以上
  • グローバル生産体制 世界4極体制
  • 製品ラインアップ 2本柱
  • 累計販売実績 120,000台以上
  • 射出成形技能士 社員の8割が有資格者

専業メーカーとして“狭く、深く、そして広く”

当社は、射出成形という「狭い」分野で、その専門技術を「深く」追求し、その技術を「広く」応用して裾野を広めることをモットーに、技術開発を行っています。
創業当時、海外メーカーからの技術供与により市場参入した機械メーカーが多い中、当社は海外の技術に依存することなく、創業以来独自の技術力により画期的な射出成形機を世界各地へお届けしています。

【回転ラム式インラインスクリュ射出機構】 (1961年開発)
    当社特許で、エポック的な発明であった同機構は、現在も世界の多くの成形機メーカーに採用されています。

仕向け先は世界80か国以上

1960年に米国に向けて輸出第1号を出荷して以来、世界の80以上の国々・地域に向けて射出成形機を出荷しており、現在の輸出比率は6割を超えています。
NISSEIブランドの射出成形機が世界各地で活躍しています。

仕向け先は世界80か国以上

世界4極体制によるグローバル生産体制を構築へ

当社は、グローバル市場に対応するため、「最適機種を最適地で生産すること」を推進しており、現在建設中の米国工場が稼働を開始する2018年2月には、世界4極によるグローバル生産体制が構築されます。

世界4極体制によるグローバル生産体制を構築へ

射出成形機のラインアップは 電気式とハイブリッド式の2本柱

当社は多彩な射出成形機を取り揃え、お客様の多様なニーズにお応えしています。 用途に合った最適設備をご提案するため、当社のラインアップは、サーボモータを使って機械を駆動させる電気式成形機、電気式と油圧式のいいとこ取りをしたハイブリッド式成形機が2本柱となっています。
その他、特殊機・専用機として、金属部品と樹脂との一体成形に適した竪型機や、異なる色や材質の複合製品を一工程で生産できる2色・異材質成形機、そして医療機器や防水パッキンなどの用途で活躍する液状シリコーンゴム専用機などがあります。

射出成形機のラインアップは 電気式とハイブリッド式の2本柱

国内トップの累計販売実績 120,000台

当社のこれまでの累計販売台数は、国内メーカートップの120,000台を超えています。この間に蓄積した豊富な成形ノウハウをもとに、お客様1社1社のニーズに合った最適機種・最適生産システムをご提案しています。
なお、2017年秋には累計販売130,000台を達成見込みです。

射出成形機のラインアップは 電気式とハイブリッド式の2本柱

社員の8割が射出成形技能士の有資格者

当社の創業の原点は、『射出成形加工』にあります。
この創業の精神を継承し続け、単に機械を販売するのではなく、成形技術の面でもお客様の課題解決のお手伝いができるように、また、機械設計を行う場面でも使用する人の視点に立った開発が行えるよう、社員に射出成形技能士(国家資格)の取得を推奨しています。

社員の8割が射出成形技能士の有資格者

ページトップへ