日精樹脂工業について

環境・CSR

  • 環境理念

    日精樹脂工業は、企業活動と地球環境の調和を目指し、省資源・省エネルギー・汚染防止に努め、環境に配慮した取組みを積極的に展開する。

    環境方針

    日精樹脂工業は、射出成形機及び関連機器の開発・設計・製造・販売の活動と製品及びサービスによる環境影響を認識し、地域環境や地球環境への影響の軽減と調和をはかるため、全社をあげて環境に配慮した企業活動を行う。
    1.環境理念の実現のため、環境マネジメントシステムを構築し、活動し、継続的改善をはかる。
    2.実効ある運用を目指し、環境目標を設定し、活動し、見直しをする。
    3.環境負荷低減を目指し、省資源・省エネルギー・リサイクル等 限りある資源の有効活用に取り組む。
    4.環境汚染物質の削減をすすめ、汚染を予防する。
    5.環境に関係する法令・規則等を順守する。
    6.環境に配慮した製品を創出し、提供する。

    ISO14001認証取得
  • 環境負荷低減へ向けたNISSEIの取り組み

    企業活動と地球環境の調和を目指して、省資源・省エネルギー・汚染防止に努め、環境に配慮したモノづくりを積極的に展開しています。
    再生可能エネルギーの積極活用(太陽光発電を推進)
    2007年3月 NEDOとの「太陽光発電新技術等フィールド事業」の
    共同研究として導入。
    ◎成形技術センター屋上に、太陽光パネル280枚を設置
    ◎発電能力は50kW、年間約57,500kWhの発電量
    ◆本館棟の消費電力の約15%を賄う
    ◆環境負荷の低減効果:CO2削減量=26トン/年(中部電力係数による)

    2013年8月 国による「再生可能エネルギーの全量固定価格買取制度」
    に基づき、発電設備を設置。
    ◎第7工場・第8工場屋上に、太陽光パネル3,520枚を設置
    ◎発電能力は約500kW、年間約605,000kWhの発電量
    ◆一般家庭約180世帯分の一年間の電気消費量に相当
    ◆環境負荷の低減効果:CO2削減量=275トン/年(中部電力係数による)

    研究開発センターをZEB化
    平成28年度ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証事業に採択

    省エネルギー対策の取り組みの一環として、本社の研究開発センターに革新的省エネルギー技術を導入。平成28年6月、経済産業省所管の「平成28年度ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証事業」に採択され、改修工事完了後の平成29年2月、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の評価でZEB Readyに認証されました(5つ星のZEB Ready評価は長野県内の事業所で初)。

    【ZEBの要素】

    ◎外皮性能強化

     ・高断熱サッシ:Low-E複層ガラス
     ・高断熱天井:4F天井裏GW24k

    ◎高効率空調機の導入
     ・ガスヒートポンプエアコン XAIRⅡ
    ◎高効率照明の導入
      ・高機能センサー導入、全照明器具を高効率LED化
    ◎外気負荷の低減
      ・CO2センサーの導入
    ◎エネルギー監視システム(BEMS)の導入

    ◆省エネ数値: 4,964,890MJ ⇒ 2,280,560MJ (削減率54%)

    .

    研究開発センター
    BELS評価でZEB Readyに認証

    省エネルギー型射出成形機の開発を推進
    消費電力を削減するなど、環境調和型の射出成形機や関連機器の開発を推進しています。
    成形材料ロスの削減、省エネを実現する成形法、リサイクル技術の確立
    成形不良を低減する低圧成形システムやリペレットによるリサイクル技術、省エネを実現する工場環境への改善策など、各種ソリューション技術をご提供しています。

    ◎「ハイブリッド式成形機」 & 低圧成形システム「N-SAPLI」の導入効果

    ・適正(低)型締力によるダウンサイジング化
     ⇒ 1ランク下の型締力の成形機で従来金型が成形可能
    ・成形立ち上げ時、良品確保までのショット数(時間)を短縮
     ⇒ 捨てショット(材料ロス)の低減、消費電力の削減
    ・発生ガスによるショートショット・焼け、残留応力によるソリ・ヒケなどの成形不良の低減
     ⇒ 歩留りの向上、材料ロスの低減、廃棄プラスチックの削減



    ハイブリッド式射出成形機
    FNXシリーズ
    グリーンマテリアル(バイオプラ、ウッドプラ、紙プラ、パルプ、etc.)の射出成形技術、成形システムの開発


    グリーンマテリアル仕様のN-PLAjet成形システム
  • ダイバーシティの推進

    次世代育成支援推進

    当社は、社員が仕事と家庭を両立させることができ、その能力を充分に発揮できる職場環境を整備するとともに、次世代育成支援に取り組み地域に貢献できる企業となるため、次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」を策定、実施しています。

    ★次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」 (所管:厚生労働省)
    計画期間:2017年3月30日~2019年3月31日(第3期目)
    行動計画内容:

    目標1 社員の仕事と家庭の両立を促進する
    ⇒対策
    ・男性社員の育児休業等(ファミリーサポート休暇やベビカム休暇)の周知および取得を促進する
    ・仕事と家庭の両立支援制度を周知する
    ・能力向上、キャリア形成のための教育研修を実施する
    目標2 メリハリのある働き方でワークライフバランスの実現を目指す
    ⇒対策
    ・所定外労働時間削減のため、毎週1回、毎月給与支給日、賞与支給日にノー残業デイを実施する
    ・有給休暇取得を促進するため、リフレッシュ休暇3日とメモリアル休暇2日の取得を100%にする
    目標3 次世代育成支援の取組みを行なう
    ⇒対策
    ・若年者の勤労観や就業観を養うため、就業体験や会社見学等の機会を提供する
    ・平成29年8月に社員の家族に対して職場参観を実施する


    「子育てサポート企業」に認定

    第1期行動計画(2010年4月~2015年2月)に引き続き、第2期行動計画(2015年2月~2017年3月)に基づく継続的な取組みの中で、男性社員の育児休業の取得、育児や介護をする社員の在宅勤務制度、再雇用制度、時間単位の看護・介護休業制度の導入等が評価され、2017年4月、長野労働局より「子育てサポート企業」として、2回目の「くるみんマーク」を認定されました。

    仕事と家庭の両立支援(育児休業、介護休業制度の充実)

    当社は、ワークライフバランスの実現に向けて、すべての社員が仕事と家庭を両立できる環境づくりに取り組んでおり、子育て支援制度・介護支援制度の充実を進めています。

    ★「社員の子育て応援宣言!」(所管:長野県産業労働部)
    登録期間:2017年6月19日~2019年6月18日(第3期目)
    宣言内容:
     ①男性社員の育児休業等(ファミリーサポート休暇やベビカム休暇)の周知および取得を促進し、育児参加を応援します。
     ②ワークライフバランスを実現するため、リフレッシュ休暇、メモリアル休暇の取得を100%にし、有給休暇の取得を促進します。
     ③育児や介護をする社員の多様な働き方を支援するため、時間単位の看護・介護休暇制度を周知します。
     ④3時間以上の時間外労働と午後10時以降の時間外労働を原則禁止にしてメリハリのある働き方をします。

    ★主な育児休業、介護休業制度(当社独自)  

    目的・対象 制度名 内容 備考
    妊娠・出産(男性のみ) ベビカム休暇 配偶者の妊娠から出産までの間に3日間の有休が取得可能 当社独自
    育児をする社員の
    就労支援(男女とも)
    ファミリーサポート休暇 子が1歳になるまで5日間を上限に復活年休を使って育児休業の取得が可能 当社独自
    看護休暇 子が小学校卒業まで看護休暇を取得可能
    1人:年5日/2人以上:年10日 (半日単位)
    ※法定では小学校入学まで
    時間外労働の制限 子が小学校卒業まで一定以上の時間外労働をさせない ※法定では小学校入学まで
    深夜業の制限 子が小学校卒業まで深夜時間に労働させない ※法定では小学校入学まで
    短時間勤務 子が小学校卒業まで、始業又は終業について2時間を限度に短縮 ※法定では小学校入学まで
    在宅勤務 育児をする社員の在宅勤務を可能とする制度 当社独自
    子育て支援(男女とも) 家族手当 子どもが増えるのに応じて手当額が大きくなる仕組み 当社独自
    再雇用制度 育児により退職する社員を再雇用する制度 当社独自
    介護で休む時 介護休業 対象家族1人につき通算365日の範囲内で3回まで ※法定では対象家族1人につき通算93日の範囲内で3回まで
    介護をする社員の就労支援 在宅勤務 介護をする社員の在宅勤務を可能とする制度 当社独自
    介護支援 再雇用制度 介護により退職する社員を再雇用する制度 当社独自
    その他 メモリアル休暇 有給休暇の取得を促進させるための計画的休暇制度 当社独自

    「職場いきいきアドバンスカンパニー」の認証を取得

    当社は、長野県が認定する「職場いきいきアドバンスカンパニー」の認証を取得しました。同認証は、仕事と家庭の両⽴ができる職場環境の改善や多様な働き⽅を導⼊・実践している「⼀歩進んだ」企業を認定する制度で、下記取組みが評価され認定となりました。

    育児短時間勤務は、法定では「3歳まで」となっており、当社はこれまで、法定を上回る「⼩学校⼊学まで」としておりましたが、さらに延⻑し「⼩学校卒業まで」としたこと
    ⼦どもに対する手当額を増やし、第2⼦・第3⼦と⼦どもが増えるのに応じて、さらに手当額を増やしたこと
    キャリアコース制度を創設し、個人のキャリアに合わせて勤務地や職種を選択可能とすることで、多様な働き⽅を実現したこと
    職場いきいきアドバンスカンパニー
    女性活躍推進

    「世界の日精 プラスチックをとおして人間社会を豊かにする」を経営理念とする当社は、新しい価値を創造し、世界の人々の豊かさに貢献するため、ダイバーシティ(多様性)を尊重した人事施策を推進しています。
    その施策の一環として、2016年4月1日に施行された「女性活躍推進法」に基づき、女性の活躍を推進するための行動計画を策定し、取組みを展開しています。

    ★「女性活躍推進法に基づく行動計画」 (所管:厚生労働省)

    計画期間:2016年4月1日~2019年3月31日(3ヵ年)
    目標:管理職に占める女性比率10%以上を目標とする
    取組み内容:

        ① 女性社員の計画的な育成プランの作成とキャリア促進
    面接・育成計画書作成、キャリア相談窓口の設置検討、係長職への登用、管理職候補者研修、管理職への登用、女性社員のキャリアアップ研修等を計画的に実施する。
        ②

    生産性向上のためのワークライフバランスの推進

    (1)ファミリーサポート制度構築

     ・育児短時間勤務制度の拡充実施(12歳3月31日までを対象)

     ・育児休業の一部に復活年次有給休暇の利用を可能とする

     ・配偶者の妊娠・出産時に年次有給休暇の取得を可能とする

     ・子育て世代の支援策として、子どもの人数に応じて家族手当を増額する

    (2)時間外労働の削減

     ・時間外労働15%削減を目指し、組織ごとの具体策および目標値を設定する

     ・業務改革に継続して取り組み、生産性を向上させる



     
ページトップへ